タグ別アーカイブ: TRPG

田舎のおねーちゃんと艦隊のおねーちゃんと有休と

と言う事になりました。(何)

ここでいう”Android版”ってのは、「スマホの大きい画面に対応した高解像度版」ってな扱いだと思います。
ガラケーと同画質のAndroid版は既に出ていますしね。

ポンコツおねーちゃんと、黒みのりんがどんだけ綺麗になったかが大変期待ですね!!(何)
そろそろ原作者としては、かなり昔の作品になってきたので気恥しさも出てきましたけどね!!

それでもまぁ、こういう形にもなったりで、自作品の中では最も色んな人の手に触れられた作品になったのかも知れません。
よかったねぇおねーちゃん。(何)

なお、特にシナリオに関しての追加等々はたぶん無いと思います。
とりあえず自分は書いてないよ!!

俺の名取を俺が演じるが名取は俺の嫁

絶賛大人気中の艦これがTRPGになりました!!
と言う事で、興味津々に上記の試し読みを見てみました。

意外な事に、

  • GM=提督
  • プレイヤー=艦

という役割になるんですねー。

「女性キャラのロールプレイなんて出来ないっ(///)」なんて硬派な方が結構多いんだろうなぁと思っていたら、「リアクション表(ダイスでリアクションな台詞を決定する)」なっていったように、そういう方のフォローもさりげなくあったりしました。
あと、全体的な作りとして、「艦これは知ってるけどTRPGなんてさっぱり分からん」って方向けに説明がたっぷりこってりな具合。

これは今後どのような発展を遂げるかは分かりませんが、まさかのTRPGっていう展開は面白いなぁと思っています。
いずれ、艦これTRPGセッションでも開催してみるのも面白いかもですね。

ただ、試し読みレベルを読む限り、扱える艦娘は全員ではないっぽいような記載があった気がします。
なので、俺の名取が使えない場合は一切セッションとか考える気はないのでご了承下さい。(何)

名取かわいいよ名取。(なでなで)
未だに2-4を越えられないけど特に問題ないよかわいいよ名取(なでなで)

一切関係ないけど。こんな二次創作妄想も考えてたりしました。

一度考えると、もわんもわんと妄想が捗ってどーしたもんかね。
名取名取言いながらも、ヒロインなら五月雨たんが似合う気がするなぁ。(何)

それはそうと

突然ですが、明日は有休になりますた。

働きすぎてて残業代かさみまくって会社側に利益が出ないから残業減らす為に休んで

といわれたのでお休みします。(うわぁ)

今日の飯

  • 朝:ご飯味噌汁焼き鮭 (500kcal)
  • 昼:弁当 (800kcal)
  • 夜:お好み焼き(分量少な目ヘルシー路線) (700kcal)
  • 間食:無し (特茶を飲んでみたが、ロクに効きそうにないというネット情報にゲッソリ)

初めてのダブルクロスなTRPGセッションを経験してきました。

メンバーは、花鳥風月さん(GM)、今野隼史さん、神無宇宙さん、智蔵さん、risouさん、私の合計6名。
少し前に、ゆきつぶ公開日に実施された既婚者飲み会にて、
「ダブルクロスやってみたいですね」
と話題が出たら、花鳥風月さんがあっさりと
「じゃあGMやるよ」
と言い出したらとんとん拍子で今日に至りました。

ダブルクロスってのはTRPGで「現代を舞台に超能力者がガッツリ戦う中2病満載」なゲームです。
「静まれ…俺の右手…ッ!!」ってのをナチュラルにやってしまう感じ。
ルール的には以前にやった駅前魔法学園ににています。

んで、自分のキャラクターですが、中2病ということでスタンダード設定である記憶喪失キャラをセレクト。

あと、
「服を着ることに恐怖を感じるため可能な限り全裸」
「ビジュアルは竹野内豊」
「武器は能力で出現させたバイク。必殺技は、火炎に包まれた全裸バイクで敵に突っ込む」
という、全裸以外は真っ当なキャラクター設定。(と言ったら周囲から全否定されました)

名前は「那珂湊 ブリ(なかみなと ぶり)」
コードネームは「裸の大将 ”ネイキッドエース”」

そして物語は五年前の沈没船から始まり、その相棒が悪役だったのですが、
「思い出せるかどうか」の判定でまさかのダイスが「1(最低値)」。

己の記憶喪失の原因や過去の相棒の記憶を一切思いだせないままに、「こいつ誰だろう」と、一切相手を思い出せないままに全裸バイクで轢き潰すという大変酷いシナリオになってしまいました☆彡

エンディングでも思いだす事無く、ただ一つの仕事を(全裸で)こなしただけで終わりました★
なんか、すいませんでした★(何)

うーん。何か以前にやった、今野GM駅前魔法学園で使用した「婿養子 役所広司」のような「駄目中年」キャラテイストになってしまったのはちょっと反省点かなぁ。
今回は「全裸だけどまとも」というギャップ萌え路線だったのですが、いざストーリーが始まってくると、

 ・上司のキャラクターを高速のセグウェイで追いかける
 ・隙あらばrootsを飲む(竹之内なので)

 ・能力で執事服を作って上司の執事と化す
 ・戦闘突入と同時に全裸(股間にバックラー)

といったネタをついつい挟んでしまい、結果的に元々の路線が遠くなっていってしまいました。何なんだろうね。不思議だね。プレイヤーのせいじゃないよね。

今度やるならば、本当に真面目~な美少女キャラクターでもいいのかもしれませんが、いざやってみた時に自分が面白いかは未知数。
何か個性を出したいと思うと、ついぱっと見のビジュアルに走ってしまうのだなぁ。

…まぁ、何はともあれ。
初めての経験と言う事で楽しくプレイさせて頂きました。
皆様には大変に感謝感謝でございます。

その後、鍋を囲む事に。

「鍋に豚肉を投下する今野隼史先生」
「それを貪り食う我々」

という大変に面白い図がそこにありました。なんだこれ。

能力決めるのは好きだけど決め台詞作るのは死ぬほど恥ずかしい病

雪が降ったらしいね! 仕事中でロクに見てませんけどね!!!(鬱)

昨年10月から続いた奇跡の季節こと定時退社祭りが、ついに2月にて終焉を迎えました。
まぁ、職業柄、本当に奇跡のような日々と言わざるを得ない。

あの頃は、「残業しないから、おいちゃんのおちんぎんがアブノーマルだお!」とか言ってましたが、いざ残業祭りが始まると、そんな自分に腰のスナップを利かせた回し蹴りをお見舞いしたい気持ちでいっぱいです。(何)

そんな訳で、11時半帰宅な本日。

月曜の朝時点では、「TRPG終わったし、次はアレしよう! コレもしよう!」とか思っていたのですが、この仕事の疲労ってやつは気力を根こそぎもっていくもんだね! ガッデム!!

当面の間、荒んだ日記が書かれますが、ある意味、普通に戻っただけとも言えるので、心配は無用です。
あ、眼鏡な女子中高生からは心配されたいです。
…あ、もう30代なので、女子大生でも全然オーケーです。(何

俺の中二病が熱く滾っている

「またTRPG話かよケツ貸せよ」

とお思いの方もいるかもしれませんが、会社の行き帰りで、「ダブルクロス」というTRPGのルールブックをちまちま読んでいます。
(何気にこれは貰いものだったり。ついに役に立つ日が来るかもしれませんよ! ありがとうございます)

前回のソードワールドと違って、ファンタジーよりも現代物。
更に言えば、らいとのべる風味全開な、中二ファンタジーと言ってもいいかもしれないテイストのTRPGです。

何せ、「二つ名」とか作るんですよ。”リヴァイアサン”とか、”不確定な切り札”とか。
戦闘技能も、光を操るとか、血を操るとか、中二ハートをくすぐりまくりです。

…と、中二中二と言っている自分ですが、十二分に中二感溢れる作品を出しているので、若干の気恥しさもなくはないです。(何)

例えば、

”蒼腕の魔女” 伊勢崎 多奈

とか、

“拘束の視線” 辻堂 都

とか、

“血濡れの盗賊” 遠野有希

とか。(何)

そんな訳で、自作品との親和性もソードワールドより高い部分もあり、某鈍器本2ndみたいなのも検討出来るかもしれませんねー。

でももう在庫に悩むのは嫌なんですよねー。
妻からの視線が痛いんですよねー。(何)

何はともあれ。とりあえずはセッションに参加したいなぁと思ってる昨今です。うへへ。

忘れていないか、”演じる火花娘”を

セッションが終わった次は「ゆきつぶ」を進めるです。

仕事がアレなので確定情報を出せずに申し訳ないですが、近々公開します。

とりあえず、本編だけを先に。
その後、数週間を置いて、ショートストーリーを少しだけ。

後ほど、ちゃんと告知します。今しばらくお待ち下さい。