自分自身を支配できないものは自由ではない。 (by マッティアス=クラウディス)

 ( ゚д゚)ハッ!?

 すいません! ずっとテラリアしてました!! もう数十時間プレイし、そろそろクリアしそうです!!(うわぁ)

 ……と言うだけではあれなので、GW前半の事を書いておこう。主に己の記録用に…。 大雑把に言えば、「午前中は製作業、午後はテラリア」という日々を4回繰り返しました。(何

一日目(4/26)

 午前中はコーヒーを飲みつつ、モリモリと作業していました。
 前に書きましたが、自作品ではなく、依頼を受けた上でのシナリオを書いています。現在はプロットの段階です。

 毎回、執筆において「思いつきの良く分からない手法」を取る事の多い私ですが、今回は「ひどいプロット」を書く形を取ってみました。

 と言うのも、私は物を書いていると時折、「妄想が働いて次の場面が出来ているのだけれど、今の状況にベストな文字が書けなくて次の場面を書けない! って、悩んでいる内に浮かんだ妄想が消えていく!! 嗚呼!!」ってな時に遭遇することが多くて。

 「ならば、プロットだからこそ、”大体合ってる”、”書いてておもろい”レベルの台詞を書き、とにかく前に前に進んでいった方が己の妄想速度に追いつくんじゃないか?」という謎の方向性に帰着。
  例を挙げると、以下のようになっています。

 ※キャラクタ名は便宜上、みのり・溝口で補完(何)

みのり「ドーモ、ミゾグチ=サン。ミノリデス」
溝口「ナニヤツ!?」
みのり「オシゴト=クダサイ」
溝口「御意。オマエ、腕は立つときいた」
みのり「慈悲は無い」
溝口「イヤーッ! お前に向いた仕事があるぞ! これで敵はナムアミダブツ!」

 「何がなんだか分からない」という方は正しいリアクションです。私も良く分かりません。(何)

 要するに、上記は初めて会った人に仕事を貰うシーンなのですが、とにかくこんな凄まじい適当なノリで書いていく事で、プロットの作成速度が過去作比で5倍になりました。

 当然ながら後で清書するので、こんな酷い会話は存在しません。(笑)

 とはいえ、プロットの意義は「物語の大枠を記載し、俯瞰しやすくする」という設計書的な役割だと思っているので、極端な話、「大体こんな感じ」が出来ていれば、ストーリーラインや設定不備は十分に把握出来るもんだなぁと思いました。

 おススメは一切しませんが、こんなやり方もあるんだよ程度に思って頂ければと思う次第です。おススメは一切しませんし、誰も真似はしないと確信していますが。(何)

 なお、午前中にプロットを進めた後は、「浦安市植木まつり」に何故か行き、帰った後はひたすらテラリアしてました。(うわぁ)

二日目(4/27)

 トッキュウジャーが始まると同時に布団を跳ねのけて(誇張なし)起床する夫妻がここに。今回はウルトラマンや銀河鉄道999といった古いネタを食いこませるあたりがたまりません。

 午前中はプロット作業に打ちこみ、昼は何故か近くの焼き肉屋でランチを食べて、帰宅後はカレーを作りながら、延々とテラリアしていました。おわり。(何)

 なお、 ツイッター上でパンチラについて盛り上がっていました。最終的に、みんなの今野隼史さんのパンツ祭りが始まり、拝み倒しが止まりませんでした。(何

 

 降臨されたパンチラ絵については、辺境紳士社交場をご参照ください。(何)

三日目(4/28)

 朝に作業した後、千葉の奥地の神社に行っていました。
 みかん大福なる不思議なものを食べて、御大がやったらご満悦でした。

 帰宅後はスーパーに行き、夜はテラリアをしていました。(何)

四日目(4/29)

 朝から昼すぎまで作業。御大は不貞寝を敢行。
 そして特に何事もなく、今に至っています。

 ああ、そういえば、すさまじくスローペースで艦これをやっています。
 軽巡洋艦「名取」への愛が暴走しており、あまり進んでいません。(何)

  飯の記録が出来てないですが、後でまた再開します…。とりあえず減量は現状予定通りに進んでおりまする…。