http://www.youtube.com/watch?v=ZDqXzLYJY_Y

もりもり増える派遣労働員を終わらない仕事へぶん投げたり、巨大生物に食わせたりするゲーム

こと、ピクミン3が楽しいです。(何)

発売日近くに買って、既にストーリーモードはだいぶ前にクリア済みではあったのですが、12/2にて、ミッションモードが有料購入できるようになり、再燃しています。

ストーリーは完全に1人用でしたが、ミッションは2人プレイ可能。

周囲にある食べ物を全て集めろ、敵を全て倒せ、と言ったミッションなのですが、これがなかなかに奥が深い。

食べ物を回収するまでに幾多のバリケードが張り巡らされ、なおかつこちらが使えるピクミンの種類や数も限られている。

黄ピクミンじゃないと壊せない壁とか、岩ピクミンじゃないと壊せないとか、単純に回収までに時間が相当かかる金塊とか…。

「何をどのように並行して作業させるか」を突き詰めていくという、ファンシーな外見の割にはかなりコアな並行作業センスが問われます。

……ああ、なんかお仕事してるみたい!!(鬱)

しかも、これが絶妙なバランスで。

最初にやってみると、「いや、これ時間内とか無理。無理無理かたつむり」と思うのですが、
「今度は最初にあの赤ピクミン引っこ抜けばいいんじゃね?」とか、
「先に羽ピクミン10匹で、あのバリケード撤去すれば総合的に回収速度上がるんじゃね?」とか、
「最初に御大がこのポイントにオッサンを投げて赤ピク回収して、その後向こう岸で自分がオッサン回収して黄を……」といった、
少しずつの改善で、無理無理と思っていたステージでも全確保OKとなり。

更に突き詰めていって、クリアまで残り時間3分を残すといった事ができるようになったり。

この爽快感と連帯感は、なかなか他のゲームでは味わえないような気がします。

あと、岩ピクミンかわいい。(何)

以前に流行ったクッキークリッカーもそうですが、効率を上げていくっていう行為はなんでこうも楽しいんだろうね…。

と、思いつつ、とりあえず今日も今日とてサクランボに労働員を投げつける鬼畜の所業を繰り返したいと思います。(何)

コメントを残す