この日に未来を決めたのは、たぶん、この日の空が青かったから

一行目からタイトルをぶっ飛ばしますが、この前に雪が降って綺麗でしたね。
東京駅がいい具合にカッコいい感じだったので、思わず写真を撮ってしまいました。

会社には遅刻しました。(何)

 会社は最近、こんな具合です。
2月からハードな日々が始まりそうです★

≫新居探し激闘編

2015-01-31-12-14-31_photo

今週も物件見学に行っていました。

あ。日記には書き忘れてましたが、先週にみた物件がかなりいい具合だったので、「ほぼ決定だ!」⇒「よし、念のために街を歩いてみよう!」とした結果、あまりにメインストリートが細いし車多いし危ないし…と、ちょっと永住には辛いロケーションだったので断念したというイベントも間に挟まってます。
この街見学のために平日に有休入れてたんだぜ…。

まぁ、それはさておき。今日も別の所に行っていました。

結論からすると、物件見て1時間後には申込書を記入していました。

6日以内に手付金として100万を振り込み、更に住宅ローンを組み、3月末には家を買い取り、引き取る手筈となりました。

何というか。今まで見てきた物件は、「安いけど、部屋がいまいち…」とか、「家はいいけど、周辺環境が…」とか、”何かを妥協した上での決定”だったのですよね。

まぁ、薄給なので、どこかは妥協しなきゃな…という想いはもちろんあったのですが、この先30年も妥協し続ける…というのは結構重たい所があったりするわけで。
とはいえ、やっぱり薄給なので、延ばせる手には限界があるわけで。
ここのせめぎ合いで、かなり内心では疲弊感も感じていました。

そんなこんなで今日、出発前に御大と話していましたが、
「価格とか通勤時間とか色々とあるだろうけど、結局のところフィーリングで決めるんだろうね」
というのが、いろんな住宅雑誌やらを読み込んだ結果の結論でした。
住みたいな、と思った所に住みたい、という、凄まじくシンプルな結論です。

んで。
今日見て、「あ、住みたいな」と思えたので、申込書を書きました。

確かに職場は今より遠くなるし、駅からも遠いんですが、いいなぁと思えるのが多かったのですよ。
この先30年の未来を決断した理由は、価格や部屋の間取りだけではなく、「家の近くの桜の木が青空をバックにしててかっこよかったから」だったんじゃないかなぁと、結構真面目に思っている今なのです。
桜の下、成長した松平と遊んでいる図ってのは、それは数千万の価値があるんじゃないかなぁ、と。

そんなんでいいのかよ、とは思いますが、人生に大きく関わる決定こそ、ヘラヘラしながら、こんな理由で決めるべきなんじゃないかなあと思う今なのでした。

ということで。

引っ越したら記念に吉村家飲み会でもボードゲーム会でもTRPGでもやってみたいもんですね( ゚д゚)ノシ