「散る桜 残る桜も 散る桜」(良寛和尚)

昨日の話ですが。桜を観に行ってきました。

六義園という東京にある公園。

某YETイベントにて、主催なのに誰からも追われない私が逃げ込んだ街で見かけた事もありましたが、中に入った事は無かったのです。
(こうしてYETは皆の記憶に暗い物を残していくのだね☆)

桜の見ごろともあり、入場待ちの大行列。
2つ門があるということで、裏門に御大を置き、私が小走りで正門の様子を観に行きましたが、その時には御大がチケットを購入していました。(鬱

目的はこのしだれ桜。
写真ではさっぱりと映っていませんが、かなり大きい桜で見ごたえがありました。

せっかくなので、園内をうろうろする。
仮にも有料で入る公園だけあって、かなり綺麗にされています。
雰囲気としては兼六園。和風な景色がしっかりと作られていました。

そして、そんな公園には必ずあるものが、

これですよね奥さん。(何)
これも行列してはいましたが、綺麗な庭を見ながら畳で茶菓子を食うという風流の極地を味わない訳がありません。

小一時間、のんびりとしました。東京都心でこんなのが出来るとはなぁ。

陽が暮れて来て、いい景色になってきました。

ぶらぶら歩きます。

この日は夜桜ライトアップというのをやっていて、このようにライティングがされています。

このライティングが実に落ち着いた光量で、品のある光景でした。
日本庭園、ほどよい光。これが悪いわけなんてない。

シメはメインである夜桜。
何気に初めて夜桜を見たんですが、かっこいいです。

…とはいえ、人が物凄い勢いでごった返していたので、早々と撤退です。

このあと、のんびりと上野をぶらついたりして帰路につきました。

帰り道。夕飯をどうするかと思った結果、今日は和食がいいと言いだし、東京駅の大戸屋…

を目指したのですが、隣にあった中華料理屋で激辛麻婆豆腐という単語を見た瞬間、店に入っていました。

辛党の私ですが、正直少々見くびっていました。
昨今、気軽に激辛という文字を使う店やカップ麺が多く、実際に食べては、どこが激辛やねん…と沈む事が多かったのです。

半ば期待せず頼んだのですが、出てきたのは明らかに殺意のある麻婆豆腐。
何せ、石鍋の蓋を開けた瞬間に激しくむせる。
鍋の中には半分に切られただけの唐辛子がゴロゴロと入っている。

これだよ、俺はこういう激しさを求めていたんだよ。

一口で巻き起こる舌への暴力。これだよ、これがいいんだよ。
辛みってのは結局の所、痛みであり、それを求めるってのは単なるマゾ以外の何物でもありません。
だが、それでもいいんだ。俺は辛さを求めているんだ。

強烈な暴力を前に、すくうスプーンが小刻みに震えていましたが、何とか完食。
久しぶりに満足できる辛さに出会えた気がしました。
自分の最高の女王様を見つけたマゾの気分ってこういう感じなのかなと誤った妄想が走る土曜日でした。(何)

そのたいろいろ

いろいろなので箇条書き。

  • 歯医者、ついにほぼ終わり。歯石削りで私の口内が血まみれになりました。やっぱり歯医者さんは怖いですぅ…。
  • BASARA4、延々とやってます。ギャロップ立花かっこいいよギャロップ立花。
  • 今日のトッキュウジャーを完全に寝過してやや鬱。御大はしっかり見てたらしく二倍鬱。

今日の飯

毎週日曜日に体重測定をしているのですが、現状、スタート地点から3kg減だったりします。
まぁ、最初は早々と減りますからね。まだまだこれからだお…。

  • 朝:米と、何故かイナバのタイカレー。 (500kcal)
  • 昼:ピザ。直接店に行くと半額で830円とか何なの…。あと、店のカロリー表を見る限り、そこまでハイカロリーじゃないぞピザ。 (700kcal)
  • 夜:吉村さんお手製のオムライス。料理は楽しいね。(700kcal)
  • 間食:バサラしながらバームクーヘンmgmg。 (300kcal)