早々と禁断の日記更新法に手を染めてみる

仕事場からサイトが更新できるのか。
勿論出来る、そう、iPho…もといtumblerならね。(何)

特にネタがあるわけでもないですが、とりあえずのお試しということで。

自分はかの残業地獄でブラックなイメージでお馴染みの、いわゆるシステムエンジニアな訳ですが、
ここ2カ月ほど、毎日定時に帰宅するという奇跡的な状況下にいます。
(これを奇跡と言ってしまうあたりがブラックなのかもしれませんが)

現在は、とあるプロジェクトが燃え上がり、そして終わり、次のプロジェクトに火をつけ始めている状態で、
流石にこの時くらいは毎日終電とかの鬼畜な日々は避けられるのでした。
まぁ、来年にはまた毎日終電帰りのブラックな日々が待っている事でしょう★(鬱)

さてさて。この暇な状況ってのは会社的にはよろしくない状態ではあり。
いわゆる、オフショアの波ってのが生々しい距離に見えてくるようになりました。

学生さん向けに簡単に説明すると、システムや製品を作るとなった場合、
皆が知ってるようなおっきい会社さんが、「やるぞ。手伝い募集」と言いだしてはじまります。
んで、その募集に、その次くらいに大きい会社さんが手を上げます。
その会社さんは、同じように「手伝い募集」と出して、自社よりさらに人件費が安いとこに丸投げして、差分の利益を苦労せずに得ようと企みます。
それに食いついて終電帰りを繰り返すのが、大半のシステムエンジニアなのです。
上の会社さんは「早く出せ、すぐ出せ」と言うだけですが、給料はお高いという楽しい仕組み。
……どうだい、エンジニアになりたくなってきたかな?(何)

(一応フォローすると、下層じゃないと実際にプログラムも設計も出来ないので、
 自分のような”なんか作りたい”ってタイプの人間は、正直上の会社とか面白くなさそうだなぁとは思っています)

その下層のエンジニアたちですが、それを中国をはじめとした海外の、もっともっと人件費が安い人に変えて、
更に上の会社が儲けたい! という流れがあったりします。
海外委託作業の事を、オフショアと言う感じです。
(ちなみに、国内でも都心から地方の会社に委託して安くしたい場合は、ニアショアと言います)

ちょうど今の自分の仕事が、「来た仕事を中国か九州に投げるだけ」というクリエイティブ溢れる仕事なのですが、
中国側がもっともっと力をつけて、自分と同じ仕事が出来るようになったら、
上の会社としては安い方を使いたい、って話でお払い箱ですなぁと笑いながら同僚と話しています。(何)

まぁ、現状では中国側のスキルが総じて低い(適当なのが多いです)ので、さほど問題にはなっていませんがね。
この流れ自体、まだ始まって5年程度しか経っていませんが、いつかはそうなるのだろうなぁと。
さてさて。5年後10年後にどーなってるんだろうなぁ…。

…といった具合で、「システムエンジニアになりたいです!」という若者の希望の芽を摘むような日記でした。(何)

大丈夫、システムエンジニアは楽しいよ! 綺麗なオフィスでパソコン叩くだけだよ!!
薄給・高稼働! 鬱病発生率もすっごい高い! 体動かさないのに体が壊れる!!
極々稀に発生する暇な時はこうして優雅にネットサーフィンだよ!!

ぜひぜひ、皆もSEになろうねっ★